S.M.さん 29歳 多嚢胞性卵巣症候群 漢方薬服用2ヵ月20日間で妊娠

中学生の頃、生理不順で産婦人科を訪れたところ、多嚢胞性卵巣症候群と言われたことがありましたが、当時はよくわからず、あまり気にしていませんでした。

 

 

 

結婚してから、子供がほしいと話している時にそのことを思い出し、産婦人科を一度訪れました。やはり、その際も多嚢胞性卵巣症候群と診断されました。

 

 

 

産婦人科に通い始めてからも仕事が多忙で、残業の合間に病院に通うような日々が続きました。毎月、ダメだったとわかる度、疲労感とショックで、待合室で泣いたこともありました。

 

 

 

そんな中、排卵の注射で卵巣が腫れ上がってしまい、2ヵ月ほどトライすらできない時期がありました。その間にも同年代の友人は次々と妊娠していき、焦りも募ってきて、ストレスもさらに溜まっていき、自分が妊娠なんてできるわけないと考えるようになりました。

 

 

 

仕事の関係で大阪へ出張に行く移動中、多嚢胞性卵巣症候群について調べていた時、こちらの漢方薬局で、自分と同じ症状の方が妊娠された事例を読みました。

 

 

 

日帰りの出張だったので、ダメ元でお電話したところ、いきなりのご依頼にも関わらず、当日中に時間を調整いただけるとのこと、既に入っていた面談の予約の間にお時間を組んでいただきました。

 

 

 

想定していたよりかなり細かく体調や普段の生活について質問されましたが、知識が豊富でとても信頼のできる先生だと思いました。食事面も丁寧にアドバイスいただきました。

 

 

 

その際に処方いただいた漢方を毎日飲み続けながら、アドバイスに基づいて食生活も改善し、病院も有名なところに転院することにしました。

 

 

 

普段は愛知県にいるのですが、その後の漢方の追加や相談等は、お電話で対応いただけました。追加の漢方を送付いただくのも、翌日着とかなり迅速にご対応いただけました。

 

 

 

その後、仕事もさらに忙しい時期に入っていきましたが、体調はみるみる改善してくるのを実感しました。

 

 

 

そして、和歌ノ浦薬局さんを訪れた日から約2ヶ月後、産婦人科にて妊娠を確認することができました。

 

 

 

結婚して約3年、自分が妊娠できるわけがないと思い込んでいたので自分自身、まだ信じられない気持ちですが、夫婦ともども、本当に和歌ノ浦薬局さんには感謝しております。

 

 

 

体調が改善した上に、転院先のタイミング指導の相乗効果と考えていますが、転院とタイミングだけでは効果はなかったと考えています。

 

 

 

現在妊娠8ヵ月半を迎えましたが、毎回の検診では問題なく育ってくれています。また出産したら、今後も体調改善を目指してお世話になりたいと考えております。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

投稿日: 2018.10.01

 

 

 

私が書いた症例はコチラです。