大阪府在住 Y.Y.さん 35歳

三ツ川先生

 

久しくご無沙汰しております間に、大阪も少々冷え込んできましたが、先生もお元気でしょうか? 秋田生まれの私にとっては、大阪の冬はへっちゃらですけど。

 

 

先日から5ヵ月の安定期に入り、つわりもだいぶ抜けつつあります。体調も少しずつ回復してきており、安産に向けての取り組みも始めているところです。

 

 

13週頃には、胎児ドックも受けてきました。顔つきや奇形、各臓器、13トリソミー、18トリソミー、21トリソミー特有のサインも全くなく、心臓に関しては少々ひっかかる方も多いらしいのですが、我が子の場合は全くノーマルで花丸をもらいました。

 

 

羊水検査はしていませんが、子供が出しているサインから確率は低いなと、ずいぶん安心して過ごせるようになりました。

 

 

メンタル面では、上の子の世話で少々イラつくこともありますが、妊娠したことで、余計なストレスが無くなりゆっくりした気持ちで、色々な事が優しい気持ちで受け止められるようになりました。

 

 

冷えはまずまず、頭痛は全くゼロです。

 

 

漢方薬ですが11月中旬すぎにはなくなりまた伺うつもりでいましたが、自分の持っている力を信じてみたい気持ちや、(もちろん漢方はそれらを後押ししたり、引き出すパワーがあると思います)、不思議なのですが、あれ程、スキだった、飲み忘れることさえなかった漢方薬なのですがビイレバーはじめ、薬を服用することが心身共に体調回復すると共に飲みたくない気分、体も心も受けつけない状況になりました。

 

 

妊娠したから?ある意味、漢方薬局との出会いによって、心や体の声に耳を傾けられるようになったからなのか?はわかりませんが……。薬をやめてから、体調に変化はありません。

 

 

お産までお世話になるつもりだったのですが、このような状況でありました。しばらくは自身の力を最大級に発揮できるよう自然療法でがんばってみようと思っています。(勝手ですみません)

 

 

体調や状況によっては、またご相談に行かせて頂きたいと思います。

 

 

その時は、また宜しくお願いします。

 

 

漢方薬や漢方の考えは理論もしっかりとしており、大変すぐれた療法です。

 

 

漢方での体の基礎作り〜夫リンパ球輸血などなど色々前向きに出来たことが、あきらめずに取り組んだことが今回、良い結果を結んだと思います。また先生の人柄や奥様の人柄、ゆっくり時間をかけて相談できたことがリラックスし、次につながる一歩を踏み出せたと思い、本当にありがとうございました。

 

 

助産師としても、たくさん勉強になることが多く、人生の宝にもなったと思います。感謝です。

 

 

最後に、神様はやはり家族の様子をよ〜く見ていらっしゃいますね。その家族の最適な時期を見図って、赤ちゃんを授けてくれますねよね。

 

我が家は5才差ですが、2人目を欲しいと思い約2年、色々ありましたが、5才差でちょうどよかったです。

 

 

ありがとうございました。

 

 

またお会いするまで先生もお元気で、沢山の方の救世主でがんばって下さいね。

 

 

Y.Y.

 

 

投稿日: 2019.8.1

 

 

Y.Y.さんの症例はコチラ

 

 

その後無事出産され、3人目を挑戦されるということで現在また漢方薬を始めていただいています。その際、お手紙を載せても良いと言っていただき今回掲載させていただきました。

TOPへ