32歳 女性 3年不妊 漢方をとり入れて1ヵ月半で妊娠されました【人工授精】

32歳 女性 3年不妊 漢方をとり入れて1ヵ月半で妊娠されました【人工授精】

当店で子宝相談をされて妊娠・出産された方々の症例をご紹介しています。
三ツ川道洋
三ツ川道洋

来店前

  • 2015年10月 結婚、2年間は避妊
  • 2018年頃から病院でタイミング指導、半年間通院
  • 2019年不妊専門クリニックへ
  •  ⇒ドクターと合わず3ヵ月で止める
  • 2020年7月から別の不妊専門クリニックへ
  •  ⇒抗リン脂質抗体陽性
  •  ⇒ビタミンDが基準値以下
  •  ⇒子宮内膜の良い菌が少ない
  •  ⇒卵胞の育ちが少し遅い
  •  ⇒人工授精(AIH)を3回受ける
  •  ※ホルモン剤が合わず情緒不安定に
  • 2021年3月24日 漢方の和歌ノ浦薬局へ

 

初回問診

  • 生理周期は23〜28日間
  • 生理痛:重い痛み、鎮痛剤は必ず服用、酷い月は腰も重くなる
  • 生理の塊:レバー状のものがでる、大きめ
  • 生理中:貧血っぽくて疲れやすい、下腹部が張る
  • 生理前:生理2日目から少量の出血、激しくイライラする、普段気にならないことが気になるようになる、めまい、立ちくらみ、
    、いつも以上に眠くなる、不安、ネガティブ、不眠、頭痛、肌あれ、肩凝り、むくみ、倦怠感
  • 20代後半まで無月経だった

 

その他自覚症状

冷え性、寝る時は手足がほてる、朝だけ食欲がない、胃もたれしやすい、髪の毛がパサつく、眼精疲労、頭痛、息苦しい、肩凝りと首の凝り、思ったことを口に出せない、ためやすい

 

既往歴

子宮内膜症の疑い、顎関節症

 

 

 

漢方を取り入れようとしたきっかけ又は理由

仕事をしながらの病院通いが精神的にきつく、結果が出ない中、このまま続けて行く自信がありません。HPを拝見し同い年の人が妊娠されていたり、同じような体質の人が妊娠されていたりして自分に当てはまる所があり、漢方の考え方が元々好きであるのと、何かを変えないとという思いでこちらに助けてもらいに来ました。

 

 

 

漢方まとめ

不妊症と言えば腎虚。

 

 

大多数の人がこう考えている。いや、大多数の人がそう教わった。というのが正しいか。

 

 

腎虚と考えて上手く行かない場合は、絶対にある。そんな時、盲目的に腎虚と考える人達はどうしているのだろう。首をかしげておかしいなあで終わっているのだろうか。別の補腎薬に変更するのだろうか。

 

 

Y.Y.さんは3年間不妊であるが、腎虚ではない。

 

 

腎虚の治療薬を補腎薬というが、仮にY.Y.さんに補腎薬を出したらどうなるか。

 

 

胃はもたれる。食欲がなくなる。肩こりが増悪し頭痛が酷くなる。上記で書いた生理前の諸症状が増悪し、倦怠感やむくみ等々がもっと酷くなることが予想される。

 

 

下手すりゃクレームにつながりかねない。

 

 

腎虚と信じて疑わない治療家にとっては、副作用出まくりのかなり難易度の高い症例といえるが、不妊症は腎虚だけではないと知っている私にとっては、めちゃくちゃ簡単な症例だ。

 

 

ただここに至るには、10年くらいはかかっている。妊娠までに要した期間が、1.5ヵ月というのは偶然ではないしまぐれでもない。

 

 

ただあれから1年以上経ったが、また新しい学説に取り組み処方内容もまた変化している。新しいことに取り組むのは、エネルギーがいるし、分からないこともまた出てくるので大変なことだが、そこを何とか抜け出し始めると凄く楽しいし充実感でいっぱいになる。

 

 

 

漢方薬服用後

服用17日後》
・生理前:イライラで爆発する期間が減った、首と肩の血流が悪くなる感覚が無かった、鎖骨辺りの圧迫感が無かった、
不眠が無かった、頭痛が無かった、倦怠感が無かった、日中眠い、便秘、少量出血4日間
・生理痛があった
・塊が出た
・生理中:首と肩がこる、股関節周りの血流が悪いと感じる、下腹部が張る、息が苦しい、貧血
・冷え性
・口が渇く
・目の疲れが減り頭痛が無くなった
・もたれなくなった
・睡眠中の手足のほてりが無くなった(布団から手足を出さなくなった)

 

 

 

2021年4月17日 人工授精

 

 

 

服用1ヵ月半》
・妊娠判定
・妊娠してから疲れやすい、眠い、息が切れやすい
・人工授精の9日後からたまに腹痛(ピリピリ、ズキズキ)、15日後には少量の出血

 

 

 

服用約2ヵ月》
・心拍確認
・酷いつわり、特に匂いがダメ
・ほとんど食べれず一度点滴してもらった
・便通は3日に1回

 

 

 

服用3ヵ月》
・10週6日
・つわり酷い
・ご飯は少し食べられるように

 

 

 

服用3ヵ月半》
・つわりがほぼ治まる
・便秘改善
・外出できるようになった
・疲れやすい

 

 

 

服用5ヵ月》
・19週6日
・寝つきが悪い日と良い日が半々
・中途覚醒1日2回、そのまま寝れない日もある
・疲れやすい
・腰痛

 

 

 

その後34週まで漢方薬を服用してもらいました。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人: 国際中医専門員A級 医薬品登録販売者 三ツ川道洋
  • この記事を監修した人: 薬剤師 三ツ川亜希

 

 

 

最終更新日: 2022.9.12