不正性器出血の30%は機能性子宮出血(様々な内分泌異常で起きる。根底には視床下部-下垂体-卵巣系の機能失調にある。)で、その他は炎症・腫瘍・外傷などで起きる。内分泌系の異常による不正出血を漢方薬単独で止めるには年単位になります。病院の治療を併用しながら漢方薬で体質改善をはかり妊娠しやすい体に持って行くというのが現実的です(それでも深刻な人は未熟な卵胞しか育たない体なので時間はかかります。)。

 

 

 

 四つ葉 33歳 多嚢胞性卵巣症候群 排卵期の不調 不正出血 漢方併用で10ヵ月で妊娠(タイミング療法)【服用約10ヵ月で妊娠】

 

 

 

 四つ葉 仕事の忙しい時期とストレスが重なると不正出血を繰り返していた33歳 女性。多嚢胞性卵巣症候群、基礎体温一層性、不正出血、漢方約3ヵ月服用で妊娠。【タイミング法】

 

 

 

 四つ葉 35歳女性 多のう胞性卵巣症候群 子宮筋腫 不正出血 カンジダ、解毒体質を徹底的に改善後妊娠 【服用3ヵ月半】【自然妊娠】

 

 

 

最終更新日: 2020.11.05

TOPへ