当薬局にお越しになる不妊症の方は、不妊症専門病院に通われている方が大半を占めます。次のステップを医師に促されて躊躇されている方、体外受精で採卵数が少ない・受精卵のグレードが低い・凍結できる数が少ない・着床しない方、不妊治療を続けて行く中で卵胞が育たなくなってしまった方、そもそも卵胞が育たない方、病院の検査では問題ないと言われてタイミングや人工授精を受けるも全く妊娠しない方など色々お悩みをもって相談にみえます。

 

 

 

そしていざ漢方相談をしますと、病院の不妊症検査で問題なしと言われた方、原因不明と言われた方であっても、ほとんどの方が漢方的に診て明らかに不妊症体質と判明します。明らかに不妊症体質の方は、いったん病院の不妊治療をお休みすることをおススメします。理由はいたって簡単で、そのまま不妊治療を続けても結果は同じだからです。そしてうまく行かないストレス、クスリによる肉体的消耗、金銭的な負担がのしかかって来ます。

 

 

 

そんな先の見えない辛い不妊治療からはいったん自分を解放し、漢方の世界に飛び込んでもらいたです。漢方の世界というのは、漢方の生活と言っても良いのですが、漢方薬を単純に服用するというだけでなく、日々自分の体を見詰め直す作業になります。

 

 

 

そうしていく中で身も心も弱っている方であっても、漢方薬を服用することで自分自身が変わってきていることを実感されるので、希望を見出されるのか、表情も穏やかになられます。そして数か月後妊娠されるわけです。当薬局HPの喜びの妊娠症例をご覧くださればお分かりいただけると思います。

 

 

 

「そうは行っても年齢が。」と言われるかもしれません。年齢は関係ありません。上で申し上げた通り30歳であっても、35歳であっても、40歳であっても、漢方的不妊体質であればいくら不妊治療を継続しても成功は難しいからです。

 

 

 

本頁の主旨に戻しますと、まず自然妊娠を目指すというのは、漢方的不妊症体質を改善するということを指します。今も述べた通り漢方的不妊症体質である限り病院で高度な治療をいくら受けても望む結果を得ることは難しいです。ですから漢方薬を服用し体質改善から図るべきです。体質改善することは、すなわち妊娠しやすい体になるということですから、そのまま自然妊娠することだって不可能ではありません。

 

 

 

また、体質改善することで病院の治療効果がこれまでとは違ってきます。つまりこれまでは採卵数が少なかった方がたくさん採卵できるようになったり、受精卵の数が増えたり、受精卵のグレードが上がったりと喜びのご報告を頂戴しています。

 

 

 

投稿日: 2019.9.26   文: 三ツ川道洋

TOPへ