生理痛を漢方医学的に分かりやすく解説。不妊症だけでなく様々な自覚症状・お悩みを承っています。

生理痛

タイトルに『生理痛は、氷山の一角』と題しました。これはどういうことかと申しますと、生理痛があるということは、痛みを引き起こす原因が実は複数存在し、その結果痛みが引き起こされますので、このように題しました。そして生理痛があると、同時に生理の量や色の異常・生理の塊・生理中の体調不良(だるい・下痢・頭痛etc)や生理前の体調不良(だるさ・イライラ・落ち込み・胸の痛み・脇の痛み・便秘・腹痛・腰痛)、さらに普段から手足の冷え・お腹の冷え・顔色が悪い・ふらつき・疲れやすい・倦怠感・冷えのぼせ・オリモノの異常etcといった自覚症状があることは漢方では分かっています。

 

 

 

一般的に生理痛には、鎮痛剤を服用します。これはただ痛みを止めているだけで、根本的な治療をしている分けではありませんので、また次の生理になると生理痛が起きて、また鎮痛剤を服用することになります。

 

 

 

漢方では、生理痛に対しての治療のアプローチが西洋医学とは全く異なります。漢方の生理痛の治療は、痛みを引き起こす原因をつぶして行きますので、その結果痛みが無くなるという根本的な治療になります。

 

 

 

そしてそれで終わりではなく、上で挙げました自覚症状も同時に無くなって行きます。漢方の治療の優れている点は、単に痛みを止めるだけでなく、体質改善できる・真に健康な体を手に入れることが出来るという点にあります。

 

 

 

一般的に漢方薬は長く飲まないと効かないというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、生理痛に関しては、早い人は次の生理から鎮痛剤を飲まなくていいくらいにまで軽減していただけます。

 

 

 

 

生理痛の原因

生理痛の原因は大きく分けて、2つに分類することができます。一つは、巡っていないことが原因で起きる生理痛。もう一つは、不足していることによって起きる生理痛。”通じざればすなわち痛む。”、”栄えざればすなわち痛む。”という言葉で教科書では説明しています。

 

 

 

めぐりが悪い・通じないということが引き起こされる原因としては、@冷えがお腹に入り込んでめぐりが悪くなった・Aストレスによって気の運動が停滞してめぐりが悪くなった・B冷えや気の停滞によって二次的に起きる血の停滞でめぐりが悪くなった・C生理が粘稠かつ臭いが気になったり、オリモノが黄色ぽかったり臭いが気になったりと湿熱(しつねつ)によってめぐりが悪くなった、だいたいこの四つが原因として挙げられます。

 

 

 

以下、効果の感じ方を、実際の患者さんの声をもとにしてご紹介いたします。

 

 

 

効果の感じ方

  • 生理痛(下腹部の重い鈍痛・腰痛)がひどくクスリを飲まないと仕事に集中できなかったのが、漢方薬を1ヵ月間服用していただき、重い鈍痛が無くなり、腰痛も軽く、クスリを服用しなくても日常生活を送っていただけるようになりました。また、生理のドロドロがサラサラになり、塊もほとんど出なくなり、生理前のイライラ・落ち込み・膝のだるさが消失、と笑顔でご来店いただいました。
  •  

     

  • すごく軽くなった。以前は体のだるさもありましたが、それも無くなりました。お腹だけでなく腰も重だるかったので、椅子に座っていられなかったのが、それも無くなりました。( この方はその後、めでたく妊娠されました。)
  •  

     

  • 生理前からお腹と鼠径部の痛みがあったが、服用3週間で全く痛みが無くなる。生理中の下痢も無くなる。さらに服用3ヵ月で生理前に感じていた”発熱感・頭痛・全身倦怠感・肌荒れ・下痢・便秘・頻尿”といった不快な自覚症状が全て感じなくなるまで体質を改善していただきました。( この方はその後、めでたく妊娠されました。)
  •  

     

  • 絞られるような激しい生理痛で、過呼吸・油汗・耳鳴りも伴うような酷い生理痛の持ち主の女性の場合、服用1ヵ月で「軽かった。クスリは飲んでいません。時々イタタタというくらい。普通の活動が出来るようになりました。」( この方はその後、めでたく妊娠されました。)

 

 

 

※当店の漢方の特徴は、「証」という体質を改善しますので、生理痛だけでなく他の自覚症状も同時に改善していただけます。