不妊症だけでなく様々な自覚症状・お悩みを承っています。お気軽にご相談ください。

月経前症候群(PMS)と漢方

月経前症候群(以下PMS)は、生理の3〜14日前から続く精神的な症状と肉体的な症状で、多くの人は生理が始まると症状は無くなります。女性は生理前になると卵胞ホルモンと黄体ホルモンがたくさん分泌されておりこれが原因ではないかと言われていますが、これだけでは説明がつかない多くの要因が関わっています。人によって症状は様々で200種類ほどあるそうです。以下代表的な症状をご紹介します。

 

 

 

PMSの代表的な症状

ココロの不調
  • イライラする
  • 怒りっぽくなる
  • 落ち込む
  • ため息
  • 泣きたくなる、泣く
  • 落ち着きが無くなる
  • 普段は気にならないことでも気になる

etc・・・

 

 

カラダの不調
  • 胸が張ったり痛くなる
  • 脇が痛くなる
  • 咽が詰まる
  • 胸が苦しくなる
  • 頭痛
  • 目の奥が痛くなる
  • 寝つきが悪くなる
  • 鼠径部が痛くなる
  • お腹が張る
  • 便秘
  • 吹き出物が悪化する
  • 排卵痛
  • 昼間の眠気
  • 疲れやすくなる
  • 体がだるくなる

etc・・・

 

 

 

漢方的にはPMSを肝欝気滞証(かんうつきたい)と診ています

漢方においてはPMSの一連の症状は全身の気の巡りの滞りが原因であると考えています。上記のココロとカラダの代表的な不調はすべて気帯(気の滞り)から起こります。気滞の特徴は、まず張りです。それから『不通則痛(ふつうそくつう)、通じざれば則ち痛む』という理論があり、滞りが強いと痛みが発生します。また、病位(病気の場所)を肝臓と考えています。漢方は肝臓のことを解毒する臓器とは見ておらず、現代医学的には自律神経の機能調節する場所だと考えています。また、肝臓の経絡が走っている場所に症状が起こりやすく、肝臓と表裏関係の胆経が走る経絡の場所にも症状が起こりやすくなります。具体的には、頭のサイド・耳の周り・目・脇・胴体のサイドの部分・お腹のサイド・鼠径部と上記の症状と合致しています。臨床的にはPMSの症状をお持ちの方は、雨や曇り・低気圧・台風が来る時にも不調を訴える方が少なくありません。

 

 

 

予防、養生

まず3食きちんと栄養を摂ることが基本です

漢方的に説明すると肝臓は充分な血が必要な臓器なので、血が少ないと上手く働けません。血を生み出す源は、食事です。食事をおろそかにしているとPMSが起こりやすくなるのです。コンビニやお惣菜、外食等々で済ますことが多い方は、十分な栄養を摂れていません。出来るだけ手作りの食事の回数を増やしていって下さい。

 

 

 

滞りやすい体質なので、運動やストレッチなど体を動かすこと

説明するまでもありませんが、運動すると全身の滞りを一発で解消してくれます。運動する時間の無い方は、毎日のストレッチもかなり有効ですよ。なんか楽ってなりますから今すぐ実践してみて下さい。

 

 

 

日頃から十分な睡眠をとること

健康な体を取り戻すには、睡眠も重要です。睡眠中に成長ホルモンが分泌され、あらゆる体のメンテナンスをこのホルモンがやってくれます。ありがたいホルモンです。だから寝ないといけません。しかもこの成長ホルモンは、夜の11時〜1時の間でたくさん分泌します。また深い眠りであればある程たくさん分泌します。ですから不調で困っている方は、何もかもほったらかして夜10時に寝てください。そうるすると11時にはバッチリ深い眠りの中ですから。これも実践してください。

 

 

 

食事やお茶、アロマなどで香りを意識する

肝欝気滞の代表方剤の一つ『逍遥散(しょうようさん)』には、サイコと薄荷。もう一つの代表方剤『柴胡疎肝散(さいこそかんさん)』には、サイコ・ミカンの皮・ミカン・香ブシ。とどちらも香りの良い生薬を使って肝欝気帯を治療します。つまり香り成分は、気の滞りを解消してくれるのです。ですから普段の食事においてもパクチー(コリアンダー)、三つ葉、紫蘇等々の香草や柑橘系の皮を取り入れ、紅茶を飲むにもミントティーにしてみたり、お風呂屋やリビングでくつろぐ時にアロマをたいて香りを上手に取り入れることをやってみて下さい。

 

 

 

その他

PMSと肝臓が深くかかわっていることを上で述べましたが、肝臓と目の関係は、植物の根と花の関係と同じで実はつながっています。ですから涙を流すことで肝臓の気の滞りが解消されますので、映画とかドラマを観て泣くということも予防や治療の一環となります。これも是非是非取り入れてください。

 

 

 

最後に

当薬局は婦人科の患者さんが多いのですが、症状の軽い重いはありますが、たいていの方がこの肝欝気帯を持っていらしゃいます。軽い方ですと1ヵ月で良くなられますし、非常に重い方でも半年も服用すればかなり楽になったと実感していただけます。どちらかというと漢方にかかれば、PMSの改善は比較的容易であると思います。是非ご相談にいらしてください。

 

 

 

PMS症例

四つ葉 K.K.さん 30歳 PMS:生理の二日前になると顕著に体調が悪くなる、発熱感(のぼせ)、頭痛、体のだるさ、下腹部の軽いつっぱり感、吹き出物(あごと口回り)、下痢や便秘、頻尿、時々胸が張る 漢方服用3ヵ月で改善、服用5ヵ月で自然妊娠

 

 

 

四つ葉 Y.Y.さん 36歳 PMS:気分が落ち込む・気力が低下する・倦怠感・やや腹痛 漢方服用3ヵ月で改善

 

 

 

四つ葉 I.N.さん 38歳 PMS:少しイライラする、胸の張りが酷い、息苦しい、時々吐き気、足がだるくなる、時々ガスがたまる、便がゆるくなる、夜間尿 漢方服用2ヵ月半で改善

 

 

 

四つ葉 M.K.さん 37歳 PMS:イライラする、胸の張痛、仕事の能率が落ちる 漢方服用2ヵ月で改善