漢方の花粉症症例です

F.C.さん 39歳 女性 大阪市城東区

苦労していた花粉症が、ある一つの症例を境に簡単に良くなってもらうようになった。この症例もそうである。

 

 

 

F.C.さんは子宝漢方で当薬局に来られている方で、普段は子宝漢方を服用してもらっているのであるが、花粉症を発症してしまったのでいったん子宝漢方を中止し、花粉症の漢方薬に切り替えることになった。

 

 

 

よくあることだがカゼをきっかけに花粉症に移行。症状は、ダラダラと垂れてくる透明な鼻水、くしゃみ(連発する)、目の周りがボワ〜とする、咳少々。

 

 

 

とりあえず費用的に安い方がいいとのことだったのと、水飲が花粉症の原因だったので小青竜湯を服用してもらうことにした。ただ、3日分だけ麻黄附子細辛湯にアレンジを加えた漢方薬(以下、麻黄附子細辛湯加減)をお渡しした。

 

 

 

6日後、電話があり、「小青竜湯では鼻水がポタポタ垂れ、鼻がムズムズし、くしゃみが止まらないけれども、麻黄附子細辛湯加減を服用すると鼻水が止まった。」と連絡が入り、麻黄附子細辛湯加減を服用することになった。

 

 

 

4週間後、朝1回だけくしゃみは出るが、それ以外はすべて症状は治まっているとのことだった。

 

 

 

出産後、鼻炎が何ヵ月も続いているとのことでもう一度あのお薬が飲みたいと連絡があり、現在服用を再開してもらっている。

 

 

 

投稿日: 2017.11.29  文: 三ツ川道洋