Y.M.さん 35歳 女性(吹田市)漢方服用10ヵ月で妊娠(顕微授精)

来店前

  • 2010年08月結婚。
  • 6年2ヵ月間一度も妊娠せず2016年10月婦人科へ。
  • 2017年01月右側の卵管が詰まっていたので手術を受ける。
  • 同年04月26日漢方の和歌ノ浦薬局へ。

 

 

 

初回問診

  • 生理痛:酷い時は足がしびれたりつる様な感覚になる、腰痛もある
  • レバー状の塊が出る
  • 生理中:眠気
  • 排卵期:排卵痛が少しある

 

その他自覚症状

寒がり、冷え性、悪心(特に朝食後)、便秘ぎみ、寝つき悪い、夢をよく見る、睡眠中目が覚める、夜中のトイレ、寝起きが悪い、疲れ(慢性的)、立ちくらみ、指の色が暗い、手のひらが黄色い、あざ

 

 

 

漢方薬

冷え・元気不足・栄養不足があり、それが原因で淤血という血液循環不良が起きている。淤血の症状としては、レバー状の塊・指の色が暗い、あざ、卵管の詰まり。漢方薬は体を温め、元気栄養を補い、特に子宮周りの血流を改善する漢方薬をお選びした。生理痛が引きつるように酷く、子宮内に冷えが侵入していることから、かなりしっかり温めるものを選んだ。

 

 

 

漢方服用後

服用1ヵ月から改善がみられた。
レバー状の塊消失、引きつるような酷い生理痛が無く痛みが緩和された、排卵痛消失、寝つきの改善、悪心消失、便通が毎日出るようになる、元気になる、気のせいか手のひらの黄色みが改善

 

 

服用3ヵ月》
生理痛が大幅に改善、腰痛消失、寝起きが以前より改善と順調。

 

 

2017年07月20日 人工授精をし妊娠反応陽性も子宮外妊娠。ただ約6年間一度も妊娠したことがなかった分けでこれは大きな前進と言える。

 

 

⇒ その後、体外受精にステップアップするとのことで漢方薬もそれに対応したものを新しく追加する。

 

 

服用8ヵ月後》
・12月も後半にさしかかり寒さも増しているが冷えはほぼ感じないまでに改善する。
・他の自覚症状概ね安定する。

 

 

2018年02月10日
・ロング法により5個採卵。顕微授精で4個受精し、胚盤胞BL2をそのまま移植。

 

 

服用10ヵ月後》
2018年02月28日 妊娠陽性反応

 

 

2018年03月14日 心拍確認の報告 
・hCGは良い数値と言われる。
・絨毛膜下血腫があり広がると流産の可能性。止血剤など数種類処方される。

 

 

2018年04月03日 9週3日
・絨毛膜下血腫(血のたまり)はその後広がっておらず安静にしていれば大丈夫と医師。

 

 

2018年04月25日 12週3日
・血のたまり、エコーで確認できず。

 

 

2018年05月29日 17週3日
・安定期に入る。

 

 

 

投稿日: 2018.06.06  文: 三ツ川道洋