不育症 抗核抗体 38才 女性の症例をご紹介させていただきます。

U.K.さん 38才 女性 主婦 (大阪市西淀川区)  漢方薬服用1年8ヵ月で妊娠

来店前

  • 体外受精3回 着床せず
  • 自然妊娠3回するも全て流産(初めての流産10週 → 2回目6週 → 3回目ほんの初期とどんどん早まる)
  • 検査の結果、不育症と診断
  • 抗核抗体80% ← 不育症との因果関係はないと主治医

 

 

 

来店のきっかけ

病院で煎じ薬を処方してもらっていたが、周期が整わず、とくに低温期から高温期に上がるまで5日間とかかっているのを改善したかったが、まったく改善しなかったとのことで当店とのご縁がつながる。

 

 

 

初回の問診 2011.03.24

  • 生理周期28〜40日間
  • 低温期が長い 排卵期5日間とダラダラ上がる 高温期が短い
  • 月経期間5〜6日間
  • 生理痛なし 生理前に腰がだるくなる
  • 生理の量が少ない
  • 生理の色が黒っぽい 塊が出る

 

その他自覚症状

疲れやすい・眠くなりやすい・すぐに横になりたがる・汗かき・寝汗・冷え性・便は毎日:時々軟便、時々ゆるい(少し前は、便秘傾向)・病院の漢方薬で食欲がなくなる・食後眠い・食後の膨満感・少しむくみやすい・左の股関節がだるい・手が黄色くくすんできた・生理前の肩こり・頭痛・目の疲れ・胸の張り

 

 

 

漢方薬

脾腎の働きを高め、骨盤内を温め血行を促進。全体として卵の質を高め、流産しにくい体質にする漢方薬をお選びする。

 

 

 

漢方薬服用後

服用20日後
・低温期から高温期に2日で上がるようになる
・股関節のだるさが気にならない
・生理前の腰のだるさが気にならない
・生理の量が少し多くなる

 

 

服用4ヵ月半
・生理周期は、27〜30日間で安定
・排卵も1〜2日間。
・股関節のだるさが目立つ
・胃腸の張りが気になる

 

 

服用6ヵ月
・体外受精 判定陰性

 

 

服用6ヵ月
・低温期が14〜15日間くらいに安定する
・もちろん排卵も1〜2日間。

 

 

服用10ヵ月
・体外受精 判定陰性

 

 

服用12ヵ月
・この頃になると、以前と比べて元気な体質になって来たものの、生まれつき弱いので無理をすると疲れるし、時々頭痛・肩こり・目の疲れが出る、動くとすぐに汗をかく傾向にある。

 

 

 

2012.06月 自然周期で採卵 1個とれる 受精した段階で保存→移植する時に1〜2日育てる予定

 

 

 

2012.07月 自然周期で採卵 2個とれる 受精した段階で保存→移植する時に1〜2日育てる予定

 

 

 

服用1年5ヵ月半 抗核抗体80%になっている人は、戻ることはほぼ無いと言われていたが、抗核抗体が無くなったと報告を受ける。

 

 

 

2012.10.13 内膜の厚さは10数ミリと問題なかったが、卵を戻す所にポリープが見つかり手術で体外受精が延期に。

 

 

 

服用1年8ヵ月 体外受精 八分割の卵を2個移植 14日後判定陽性 2個着床 → その後1つだけ心拍確認

 

 

 

2013.07月29日 出産 2912gの女の子

 

 

 

まとめと不妊治療について

この時点で漢方薬を服用して、1年8カ月。本当に嬉しかったです。とくにこの方のお選びしたお薬は、生薬が多く、それを一つ一つグラムを測って毎日煎じていただきました。大変だっただろうなと思います。不育症なのでこれからが本番なのですが、とりあえず今までは全て初期の段階で流産されていたので、その時期は過ぎましたが、引き続き流産しないように安胎作用のある漢方薬に切り替えて服用して頂いています。

 

 

 

その後、出産報告いただきました!

 

「7月29日に無事に2912gの元気な女の子を出産しました!お陰様で、母子共に健康でいられています!
もう4ヶ月になり育児にもやっと慣れてきました。体重も6630gになり首もだいぶ据わり、 元気にすくすくと順調に育ってくれています(*^_^*)  」とご報告いただきました。本当におめでとうございました! 双葉