男性不妊と言えば補中益気湯は誤り

男性不妊と補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

男性医師と男性患者

病院では男性不妊というと出される漢方薬は、決まって補中益気湯である。

 

 

 

補中益気湯は、胃腸虚弱で食欲不振でそれ故に元気が出ない人に適応する漢方薬だ。主な症状は、疲れやすい・四肢がだるい・立ちくらみ・頭痛・内臓下垂・慢性の下痢等が挙げられる。こんなタイプの男性は中にはいるが、しかしこんなタイプばかりでもない。

 

 

 

漢方は漢方独自のカウンセリングを用いて、体質を見極めそれに合った漢方薬をお選びする。ドクターはエビデンスに基づいてクスリを処方するというけれど、漢方薬においては随分いい加減なものだと感じる。

 

 

 

補中益気湯は、気虚下陥タイプに用いる漢方薬である。男性不妊は、気虚下陥没タイプ以外にも、腎陽虚タイプ、腎陰虚タイプ、肝欝タイプ、淤血タイプ等々があり、それぞれのタイプに合った漢方薬を処方しなければ効果は出ない。

 

 

 

上記の主な症状に該当ぜず一向に治療効果が出ない方は、この先続けたとしても効果は出ないので別の漢方薬を考えるべきだ。

 

 

 

投稿日: 2018.04.11   文: 三ツ川道洋